新電力(PPS)ってなんなの?

すでに電力自由化については当サイトの方で説明をしていますが、新電力(PPS)とはどういうものとなるのでしょうか。そもそも日本の電力事情は昔から、東北電力、関東電力などの旧電力と呼ばれる会社によって電力が売買されていました。
そもそも電力自由化についてはこちら→そもそも、電力自由化って?

旧電力会社一覧

北海道電力
東北電力
東京電力
北陸電力
中部電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
沖縄電力

これはエリアごとの独占販売といって、電力会社はほとんど決まっていたというような感覚になります
ここに電力の自由化ということがはじまってことによって
ここでちょっと電力の自由化についての歴史を紐解いてみましょう

【電力の自由化についての歴史】
実は電力の小売自由化については今回のはじまったことではなく、工場などの大口の消費者については、すでに実現しているのです。
最初の小売自由化は、2000年3月に始まっており、

た。はじめは、「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選ぶことができるようになり、新規参入した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。
その後、2004年4月・ 2005年4月には、小売自由化の対象が「高圧」区分の中小規模工場や中小ビルへと徐々に拡大していきました。
そして、 2016年4月1日からは、「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が選べるようになります。

公開日:
最終更新日:2016/12/10