自宅兼商店の方でも新電力で電気代がまとめてお得になる!

      2016/12/20

mac-1057994_1280

 

個人事業主にもおすすめの新電力

個人事業として商店を営みながら生活している場合には、新電力でさらに電気代が安くできます。自宅兼事務所というような形で仕事も生活もしている場合には、電力消費も毎月かなり多くなっていることが多く、電力会社を切り替えることで大幅に電気代が安くできます。家族で暮らしている場合でも14000円から30000円という大きな金額を節約できますが、事業にかかる電気代も含めれば50000円から70000円とさらに年間の電気代を減らすことができます。経費削減にも役立ちますが、クリーンな発電方式を選んでいる電力会社を頼れば、環境対応の事業としてもアピールができます。バイオマス発電や太陽光発電のサービスは特に魅力ある発電方法なので、電力会社選びでは特に注意してみてください。

仕事も生活も電気代が減らせる

業務用の電気は個人の生活に必要なものとは分けて考えたほうが良いですが、自宅で仕事をしている場合には同一の料金設定で利用することになります。小規模の商店であれば電気代はせいぜい1kVA程度で足りることもありますが、3kVAから4kVAの利用がある場合はやはり業務向けの従量電灯プランを選ぶことになります。生活にかかる電気料金が安くなるのは非常にうれしいことですが、事業用の電気料金はどうしてもかかってしまう電気も多いので、根本的に従量料金や基本料金が安くなるとより負担が減らせます。経費の関係上、利益が十分出ていればそこまで電気の節約を考えなくてもよさそうですが、クリーンエネルギーへの移行なども視野に入れて電力会社の切り替えは真剣に考えておきましょう。

セット割はビジネスでもお得に利用できる

新電力に多い料金の割引はどこも同じような料金設定ですが、セット割は追加でさらに料金が安くなるので個人事業者の節約にはぴったりの方法です。特に、電気の使用が多い方ほど割り引かれる金額も大きくなるので、毎月600kWhの消費がある場合には600円の割引が適用されて、年間では7200円の節約ができることになります。事業も行っている場合には消費電力も大きくなるので、セット割で安くなる金額も同じく大きくなります。ほかにも通信費やケーブルテレビの料金に関しての割引も非常に魅力的で、経費削減に貢献してくれます。自宅兼事務所というような形式で事業をしている場合は電気代もガス代もまとめて安くできるようなサービスが選べると非常に魅力的です。

 - コラム , , , , , ,