40A以上の契約をしている家庭が最も電気代がお得になる!

      2016/12/20

photo0000-2588

 

契約アンペアと消費電力で安さが決まる

新電力への切り替えをしてもっともメリットが大きいのは家族で暮らしている場合です。3人や4人で暮らしている場合には、特に消費電力も大きくなるので自然と契約アンペア数も大きくないと生活できません。多いのは30Aから40Aで、ちょうど新電力に切り替えて得をするのもこのくらいの契約をしている場合です。消費電力が大きい人ほど従量料金も安い単価で利用できるので、それだけ費用も抑えることができます。家族大人数で暮らしていて夏場でも毎月400kWh以上の消費がある場合は、早めに電力会社を切り替えてしまいましょう。既存の電力会社のまま利用していく場合でも、プラン変更をした方がよさそうです。

節電しなくても安くなるかも!?

家族が多いとしっかり節電を考えないと家計が苦しくなってしまうことが多かったのですが、新電力に切り替えれば、それまでよりも安い料金で電気を使えるようになります。従量料金の余裕がしっかりと出るので、負担はかなり削減でき、無理に節電をしない方が充実した生活ができるようになります。節電で苦労しなくても過ごしやすくなるので、電気を使うほど電気代が安くなるようなプランを見つけましょう。40Aから60Aほどのアンペアで契約すれば、年間の削減率はそれ以下の契約の人に比べてかなり大きくなってきます。家族の人数や電気の使い方も意識して電力会社を選びましょう。ガス会社や携帯会社の電気料金プランも考えておくとよい会社が選べます。これまでは節電して料金を抑えていた方は、これからはもっとクリーンな電気で、シンプルに電気代を節約することができるので工夫してみてください。

4人家族や2世帯住宅に住んでいる人向けはもっとお得

4人家族や40A以上の契約をしている方にとっては新電力への切り替えでさらに電気代が安くできます。年間15000円以上も節約できる場合もあるので、しっかり切り替えられるようにしましょう。切り替えにかかる費用はほぼ掛からないようですが、更新期間は1年または2年に設定されているので、引っ越しの予定がある場合には、家族の生活や家族計画も考えて申し込みましょう。40A以上の契約の場合、毎月の消費電力も400kWh、500kWhになってしまうので、少しでも電気代が安くできるプランを選びましょう。家族の人数が多いほど電力切り替えのメリットも大きいので、4人以上家族がいたり、生活していてよくブレーカーが落ちてしまったりする場合にはアンペア数を

 - コラム , , , , , ,