年間割引額が大きければ使える電気が少し増やせるかも!

      2016/12/20

macbook-577758_1280

 

年間割引額をチェックしよう

家族で新電力に切り替える場合にチェックしたいのはセット割や従量料金の差額ではなく、年間で節約できる金額です。毎月の節約金額で把握してもよいですが、それぞれ季節で差も出てくるので、年間だいたい割引できるかを考えた方が把握しやすいです。1か月ずつチェックするのも効果はありますが、余計に手間がかかってしまうので忙しい方には難しいかもしれません。まずは各会社の料金シミュレーションを試してみて、最も安く利用できるサービスを見つけましょう。ガス会社やプロバイダ会社のサービスもかなり料金がお得で、全国的に使えるサービスがあるためおすすめです。

消費できる電気を増やしてもプラスマイナスゼロ

これまでは契約アンペア数を上げればその分電気代も高くなっていましたが、新電力のサービスが選べるようになってからは電気代をより賢く節約できるようになりました。使う家電の量が増えても、アンペア数を上げて節約もしつつ、生活を充実させられます。アンペア数を上げる前後で、新電力は安い料金が設定されているため、料金をあまり変えずに変更できるため生活レベルを気軽に上げられます。10A上げれば基本料金が毎月300円ほど上がってしまいますが、新電力に切り替えれば毎月それ以上の削減ができるため、上手に活用すれば電気代はむしろもっと安くできるかもしれません。会社の選び方次第でかなりお得なので、地域特有の会社だけでなく、全国的に有名な会社も併せてチェックしておきましょう。

毎月1000円から2000円ほど安くできるかも!?

従量料金は3段階料金が最も安くなるように設定されており、家庭によっては毎月1000円から2000円ほど安くできる場合もあります。1kWhごとの料金は4円や5円ほどしか変わらないですが、300kWh以上から100kWhも利用すると400円、500円という差が生まれてきます。電力消費の大きい家庭ほどよりお得なのがわかるので、500kWh以上電気を使っている場合は早めに電力会社を切り替えてしまいましょう。ほとんどの会社で切り替えにはお金はかからないので、安心して検討してみてください。消費電力が300kWh程度の場合には年間5000円安くできれば十分なので、一つの目安として考えてみてください。毎月使用する電力が多いほど必然的に割引される金額も大きくなるので、よく工夫して節約しながら少しでも自由に使えるお金を増やせるようにしましょう。

 - コラム , , , , , ,